拠点廃統合

コカ・コーラ イーストジャパン株式会社 様

4社経営統合(本社4拠点および拠点10拠点の再編)

経営統合による新本社構築と人員再配置に伴う複数拠点の再編・統合
5.5ヶ月という短期間でプロジェクトを完了

施設概要

所在地関東地方・東海地方
規模計6,000坪

プロジェクト概要

2013年7月1日に経営統合したコカ・コカコーライーストジャパン様の本社、拠点オフィスの設計、プロジェクトマネジメントを実施。
本プロジェクトは、経営統合に合わせ、オフィスという物理的なプラットフォームも可能な限り早く統合することを目的とし、スピードを重視してプロジェクトを推進した。
新本社構築と同時に人員再配置に伴う複数拠点の再編、コールセンターの統合プロジェクトも同時に実施。
新本社と拠点とを合わせ、延べ床面積約6,000坪に及ぶ規模の移転、再編・統合プロジェクトをわずか5.5か月で完了させた。

当社サービス

短期間でのオフィス統合で同社が目指すビジョン「One+」を具現化すると共に、機能集約によるスペース効率化やコスト削減を実現(統合による効果の部分)。
新本社は東京3拠点、横浜1拠点の計4拠点を1拠点に統合。
社員の職種、働き方に合わせ、執務エリアはユニバーサルプランとフリーアドレスの2つのタイプを採用。
コミュニケーションエリアの多機能化により面積効率を高め、さらに、執務室の中央に配置することで社員の利便性を向上させた。
その他、重複した受付や会議室などを共有化し、全体で35%の面積削減を実現した。
工事コストは、ビル指定業者工事(B工事)へ見積査定、価格交渉を行い、テナント側工事(C工事)は入札を実施。
初回見積と比べ決定金額は約2割のコスト削減を実現した。

三菱食品株式会社 様

6社の経営統合(本社機能4拠点集約/全国約100拠点再編)

施設概要

所在地東京都・全国
規模7,300→6,300坪
102→65拠点

プロジェクト概要

2011年の三菱食品様の経営統合は、6社の人材・経営資源の結集により流通業界の既存モデルを進化させ、業界首位を確固たるものにするという重要案件。
東日本大震災直後の統合であったため、最初の統合までの準備期間はわずか3ヶ月。
本社2拠点、全国約100拠点の再編に際し、事務局と綿密に連携しつつ、現場の要望にもきめ細かく対応することにより、最小時間で最大限の経済効果を実現した。
文化の異なる6社統合のさまざまな困難・制約がある状況の中、統合後のシナジー・業務効率性を見据えた提案を実行した。