設備更新・省エネルギー

サービス概要

竣工から20~30年を経過した建物は大規模修繕、設備更新の時期を迎えます。当社は、受変電設備、非常用発電機設備、空調熱源設備等の基幹設備をはじめ、盤類、空調機、ポンプ、送風機等の付帯設備機器、電気配線設備、空調・衛生配管設備まで、あらゆる老朽化した設備の更新工事をコンストラクションマネジメント手法を用いて、適切な計画とコストで実現します。
当社が策定する設備更新の基本構想、基本計画では、既存設備機器の稼働状況を検証し、更新する設備機器の容量や仕様の最適化を図ることにより、省エネルギー化、ランニングコストの縮減をご提案します。
また、そのほかお客様の様々な環境への取り組みや省エネルギー対策に関する課題に対して、コンストラクションマネジメント手法を用いた的確なソリューションをご提案します。

主要実績

設備更新 プロジェクト

設備更新 プロジェクト実績

施主名 プロジェクト概要 所在地 規模
株式会社ルミネ 様
(ルミネ新宿店 ルミネ2)
熱源設備・特高受変電設備・非常用発電機設備更新 東京都 約8,800m²(店舗面積)
株式会社ルミネ 様
(ルミネ北千住店)
特高受変電設備更新・特高変電室棟新築 東京都 約15,900m²(店舗面積)
株式会社ルミネ 様
(ルミネ藤沢店)
熱源設備・館内換気設備更新 神奈川県 約2,000m²(店舗面積)
地方独立行政法人
大阪府立産業技術総合研究所 様
熱源設備・空調設備機器更新 大阪府 約37,000m²
某商業施設 様 特高・高圧受変電設備更新 東京都 約37,000m²
某金融機関 様 無停電電源装置(CVCF)更新 大阪府 約34,000m²
某金融機関 様 熱源設備・特高受変電設備・非常用発電機設備更新 東京都 約21,000m²

電気・空調設備更新 お客さまが抱える課題と当社がご提供するソリューション

電気・空調設備更新 コンストラクションマネジメントサービス導入によるメリット

コスト削減

最適な更新最適な更新計画策定とバリューエンジニアリング(VE)*提案に加え、ベンダーフリーの強みを活かして競争原理を導入することで、従来の設備更新工事と比較して大きなコスト削減を実現します。

設備の最適化、省エネルギー化

高度な専門性をもつスタッフが現状を調査・分析、最適な設備方式の比較、ダウンサイジングの検討など設備の最適化、省エネルギー化を図ります。

安全で円滑なプロジェクト推進

お客様の専門性を補完し、設計・施工をマネジメントすることで、難易度の高いプロジェクトの安全性を高め、円滑にプロジェクトを推進します。

amusement_fig03-1

  • ※VE(Value Engineering): 実現する価値と要するコストの関係を明確にし、価値を損なう事無くコストが低い他の選択肢を用いる考え方

設備更新 コンストラクションマネジメントサービスフロー

老朽化した設備の改修・更新、省エネルギー技術の導入検討に関して、「お客様側のプロ」として設備専門性を補完し、CM(コンストラクションマネジメント)手法を用いて、適切な計画とコストで実現に向けてプロジェクトマネジメントを行います。
基本構想・基本計画策定から調達支援、設計、施工の各段階のマネジメントまで、ワンストップでサービスをご提供します

省エネルギー対策

建築業界における省エネルギー技術は、再生可能エネルギーの導入により、飛躍的に進歩を続けております。昨今では、自然エネルギーを積極的に活用する「省エネルギー技術」から、エネルギーを創り活用する「創エネルギー技術」など、多種多様な技術があり、お客さまのニーズにあった最適なシステムを導入するためには、幅広い知識が必要になってきています。
当社は、建築、電気、機械、土木など、幅広い知識、専門性を持った技術者チームにより、コスト、品質、スケジュール、導入効果など、様々な視点から比較検討を行い、最適なシステムの導入実現に向けて、的確なソリューションをご提供します。

      • ※ゼロ・エネルギー・ビルディング[ZEB]=建物の運用段階でのエネルギー消費量を、省エネや再生可能エネルギーの利用により削減し、限りなくゼロにするという考え方
      • ※FSC(Forest Stewardship Council)プロジェクト認証=FSC認証材(FSCにより適切に管理された森林として認証された森林から産出される木材)を使用したプロジェクト(建築物等)に与えられる認証